There was an error in this gadget

11.14.2011

見かけではない。

ミヤマカラスアゲハの標本箱。
標本箱を見ると お〜 ってなるけど
やっぱり生きてる方がイイ。


「北海道で採ってきたんです」
と言われて、
『え?ミヤマカラスアゲハはこっちにもいるでしょ?』
っと聞くと、
「そうなんですけど、北海道のほうが色が鮮やかで綺麗なんですよ。」
と言われた。


私が標本が好きなのは、サンプルとして好きなのだ。
実態が分かる。
例えばこの標本たちが、北海道から九州までの地域で採ったミヤマカラスアゲハをディスプレイしたもので、
その色の違いがだんだんと分かる というのなら地域性が知れて面白い。


でもその発言から、 あぁ、ただ単にコレクションしたいんかな? って、
少し残念だった。


北海道でも九州でも…
どちらにしても私の中でミヤマカラスアゲハは美しい。

*
いわゆる スタンダード からハミ出ている気がして、
それでなぜ自分はそうなのだろう… と思ってしまいそうになった。
人から影響を受けて、自分にムリをかけてしまった結果、その日はお腹の調子が悪かった。


けれどもラッキーなことに、気づくことが出来た。
いや、正しくは周りの人に気付かせてもらった。

大切な事はその裏にあるのだよ

私は今の私でいいのだよ 


っと。

*
少し沈んだ気分の中、
バス車内で両替するために千円を持って座っていたら、隣にきたおばあちゃんが、なにやら小銭入れをゴソゴソ探っていた。
「コレ、千円分あるけ?」 っと、100円玉5枚と500円玉1枚を差し出してくれた。
『うん、ありますよ〜』 っと答えると、
「両替しませんか?」 って。

何も言っていないのに、おばあちゃんが両替をしてくれた。
それがとっても嬉しくて、とっても感動した。

「え!あ! ありがとうございます!!」 って。
すると、おばあちゃんはとびきりの可愛い笑顔で いいんよ と。


そして、バスを降りて次に電車を待っていると、
おばちゃんと目が合った。
目があった瞬間おばちゃんは、素敵な笑顔を見せてくれた。

『?』 ってなってしまった(笑)

そしたら「風が出てきましたね〜!」って挨拶をしてくれた。
*

そんな感じで、その日はやけに皆が話しかけてくれて、
皆が優しくしてくれて、
私はそれが、「今のままでいいんだよ」っていうメッセージだと感じた。




そうか大切な事はいつだって、その裏にあるんだね。




ミヤマカラスアゲハのオリジナルの写真を見たい方は、Note へどうぞ。

2 comments:

  1. 涙が溢れてきました。ありがとう!

    ReplyDelete
  2. >ゆきさん
    なんだか嬉しいな☆
    こちらこそ、ありがとうございます!! (´∀`*)

    ReplyDelete