There was an error in this gadget

2.28.2012

うちのばーちゃんち。

おじいちゃんの趣味で、祖父母の家は飾り物だらけである。


玄関を入ると、まずこの壁一面のお面が迎えてくれる。
皆こっち見てて、小さい頃は怖かった(笑)

昼はまだいいんだけど、夜、この場所を通ってトイレに行かないといけないので、
なおさら怖いのだ (笑)


でも、少し大きくなると、もうソコには面白いものだらけで、
ココで半日は過ごせる。
床にもいっぱい色々なものが置かれてて、
ドコでもらったか見つけたか知らないけど、糸を撚る手回しの機械とかもあった。


何か新しいものを手に入れて、ココに仲間入りさせると、じーちゃんがどういったものかを丁寧に教えてくれた。

『麻美、新しいの飾っとったのわかったか? じーちゃんが説明しちゃるけん』
と二人で玄関に行き、
『どこそこに行った時に、買ったもので、こういう物たい。良かろう?』 
って。

そういえば決まって私だった。


仏さんの写真もいっぱいあって、
玄関にある写真もじーちゃんが、「写真集」を自分で撮ったやつを引き伸ばしたんじゃないかな。

 

玄関にある応接スペースも、ココでじーちゃんが人と喋ってるのは見たことないけど、
すんごく面白いものがいっぱい置いてあった。

今はモノが少なくなっちゃったけど…

埴輪とかが何体かあって、 それをじーっと観察しながら
『おーい!はに丸(NHK教育)』で頭の中がいっぱいになった思い出がある(苦笑)。


二階も面白くって、 特に何があるわけじゃないけど、
窓を開けると屋根があるから屋根に登ってみたりした。

落ちたら絶対怒られるから(ケガより怒られることを回避したかった 笑)
窓にほど近い場所にちょこんと座った覚えがある。

秘密で。


3匹が仲良しな招き猫も
普通に2階の部屋にあったようなきがするけど

今見るとこの絶妙なバランス。
古いものですよ と物語っているような色合い…

ツボだな。
「ちょっと、ねぇ、おばあちゃん、これちょうだい って言いたかった。」
(母に捨てられないように見張っておかないと!)



1階の仏壇がある部屋には床の間があって、
そこには、ばーちゃんが季節ごとにきちんと選んだものが置かれる。

今回は、桃の節句が近かったからお雛様が飾られてあった。

そして、この場所には、ばーちゃんが書いた掛け軸が常に飾られている。
ものすごく上手すぎて、いつも読めず、ばーちゃんが 「これはね〜」 と説明してくれていた。




そして、じーちゃんが作った瓢箪も。

二人とも、作品は… 自作と思えないくらいのものである。
そしてこの家は、他にももっともっと面白くて、私にとって、昔からいつも宝物箱みたい。

いつ行っても、全然飽きない。





自分も置き物が好きなのは、きっと祖父母の影響もあるんだろうな☆
将来、自分で撮った写真を自分の家に飾ってみたい。

きっとそうする。



祖父母の孫で良かったと思います。

週末は、祖父の7回忌のために地元に帰っていました。

久々に親戚と会い、
おばあちゃんにも会って元気な姿を見せることができたし、
みんなそれぞれ楽しく話して、とっても楽しかった〜!




祖母は書道の師範で、
祖母の家にある文字はすべて祖母が書いたもの。
祖父が亡くなった時、 大きく『南無阿弥陀仏』と書かれた掛け軸が祭壇の所にかけられていたのですが、
それも祖母が書いたもの。
これは少し小さいもので今回飾られていた 南無阿弥陀仏 の文字。

とても美しいです。
祖母が書く文字には、力があるもん。


大正琴を弾いて遊んだりもしました。
いつも練習するのは、歌曲である「さくらさくら」で、
とても楽しかった。

大正琴の師範でもあるので、本当に上手。
弾き方を教えてくれるくらいで、あとは自由にさせてくれました。
「すごいね〜 まみちゃん上手」って言われて、ニコニコしてくれるんです。
隣で祖母が曲の練習をしているのを聞くのも好きだった。
歌いながら、笑いながら。

パンを一緒に作ったり、
お人形を作るのを教えてくれたり。
祖母の手は、魔法の手だと思っていました。

クリエイティブで、尊敬する女性です。



私は祖父が大好きです。

祖父は、私に多大な愛情を注いでくれました。
スクーターの後ろに乗って、
温泉に連れてってもらったり、お昼ごはんを食べに行ったり、植物採集をしにいったり… 図書館に行ったり。


仏像の写真集を一緒に見ながら、仏さんのことを教えてくれたり、
ホラを吹いて笑わせてくれたり、
いつも私を大切にしてくれました。

祖父を思うといつも涙が出てきます。


そんな祖父の晩年の趣味は、ひょうたんを作ることで(上の写真は祖父作のひょうたん)、
近くの畑でなったひょうたんを収穫して、このようなひょうたんの飾りものを沢山沢山作っていました。

くね〜 ってなったものから まるっ としたもの、
いろんな形のひょうたんを作ってました。

とても上手でね、すごいの。

*

祖父に影響されたものがあって、
それは写真。

私が写真を好きなのは、
いつも銀塩の一眼レフを持ち歩いていては、
写真を撮り、
私に見せてくれていた祖父を見てきたから。

カメラを持ち歩く姿がとても好きだった。
写真を撮る姿が好きでした。
今使っているカメラのネックストラップは祖父が使っていたものなんです。


だから私は、
いつも その祖父 が感じられます。


***

お経をあげてもらっている間、
祖父の遺影を見ていました。

涙が止まらなくなってしまいました。


葬式の時もそうでした。
2時間泣きっぱなしでした。

その時は寂しくて。
色々思い出して。
沢山思い出があるので。

そして、とても尊敬しているから。


今は、悲しいのではないです。

でもどうしても泣いてしまう。
やっぱりまだ、寂しいのかな。



おじいちゃん、ありがとう

2.24.2012

結果が見えてくる。


ヨーガでは、緊張と弛緩の繰り返し、 しなやかな(輝) 筋肉をつけていくことで、
ポーズの最終型、あるいは発展形ができる様になるんです。


だから、いつもはほぼ筋トレです。
筋トレを2時間弱(笑)
と思うとすごい!


昨日は少し発展バージョン(いつもは余りやらない感じの難易度が高いもの)の内容でした。
何度かやったことがあるものもあったんですが、明らかに前よりもスッと出来るようになっていました。


その後、温泉に行って鏡で自分の背中を見たんですけど

なんだか筋肉がついてきているような 気が しました(笑)
贅肉が減ったような…


フフフ♪
****

写真は昨日の日の入り直後のものです。

うっすらと明るい地上近くの空の色と、すでに暗くなった空高い場所の色のコントラストが非常に綺麗でした。

2.22.2012

猫ちゃんと

猫や犬、動物は大好きです。

馬とかも目が好きです。
ムシャムシャ食べる感じも好きだし…

キリンの ん〜? っていう上からのぞくような感じも好きだし…
象のまつげが長いのも好きです。

もちろん、長年扱ってきた野ネズミも大好きです。
彼らは私が山で放し飼いにしていたペットです(笑)
1ヶ月に一度会いに行きます。 
メンバーは入れ替わり立ち替わり…(笑)



ただ、 動物は噛む って思ってしまって… 昔っからそうで、
いきなりワシャワシャ触ることはできないんです(笑)


でもクンクンしてきた子には、手を下から近づけて顎らへんから撫でます。
そして、頭や鼻筋を撫でてみます。


最近、猫は指を鼻先に近づけると、興味を示したり、ペロリと舐めたりすることがわかりました。
嫌だったらどっか行きます。



*
それで昨日、
ヨーガの先生のおうちに行くことになったんですが、
先生が2匹の猫ちゃんを飼っていて、
その子たちと会えました〜(人´∀`).☆.。.:*・゚




皆とっても可愛い〜!!!


私が ぐわ〜〜〜〜! と寄っていくタイプじゃないので、あちらから来てくれました〜(嬉)

それで、くんくんくんくんしたり ぺろぺろぺろぺろしたりしてくれました〜☆




可愛い…



ライラちゃんはず〜っと私の手をなめてくれてたんですが、
その舐め方が丁寧。
優しい子だなぁ という感じがしました。


二匹は仲良しみたい^^



また一緒に遊びたいな〜☆

先生またお邪魔しまーす☆


*
ヨーガの先生宅では、スタジオのブログ作成を手伝っていました。

鹿児島市内でヨガ教室をお探しの方や、ヨーガ…やってみたいな… という方、
教室の案内や、休講日などの情報も載っていますので、是非参考になさってください。

鹿児島のヨガスタジオ ヨーガスタジオ ヴァーユ(Yoga Studio Vayu)
(右のサイドバーの LINK にも貼っています)

ヨーガについての色々なお話もブログの中で知っていけたらな… なんて…
思ってます♡  (アピール 笑)

2.15.2012

エネルギーに反応。

名古屋に行ってきた。


泊まっていたのは、名古屋市内の金山というところだったんだけれども、 

今日は家路に着くために名古屋駅に出た。



名古屋駅でいそいそと歩いていると人だかりが出来ていた。 


なんだろう… と、見ると救急隊員が心臓マッサージをしていた。

AED(自動体外式除細動器)も作動された様子。

人が倒れていた。


そのエリアに入った瞬間、涙が溢れてきた。

別にその人のことがかわいそうとか、そういうのじゃない。


なんでか分からなかったけれど涙が溢れてきた。
何かに反応したように。

涙をながすのは我慢したけど、目の周りとか、鼻が赤くなっているのを感じた。


その人は私が通りすがって程なくして、彼は運ばれていった。
もしかしたら心肺停止状態から抜けたのかも知れない。





その後

バスに乗って思っていた。

何かに反応したとすればそれは、周りに居た人たち?



どうなんだろう。

わからないけれど。





2.12.2012

人々と公園

お出かけ帰り、

好きなパン屋さんで買った ハチミツとバターがたっぷり入っているパンと
温かいカフェオレを公園のベンチでいただきました。

たま〜に、そのような形で訪れる公園(名前忘れちゃった)。

トラックがあったり、遊具が充実しているから‥なのか、とても人が多い☆




私が、公園でパンを楽しんでいる間に、沢山の人達がそれぞれの公園を楽しんでいました。


この、陸上をやっている男の子たちに触発されたのか、
小さな男の子が真似をする様に よーいドン をしていました^^




みーんながそれぞれ思いっきり外での活動を楽しんでいることが伝わって来ました。
それは凄く良いエネルギーだったので、いい空間に居ることが出来ました☆


なんだか暖かかったし、行ってよかった〜☆




ビッグサイズのサンドイッチ。

ポテトサラダが大量にあって、

是非これをバケットに挟んで食べたい。

と思っていたので…



やってみました。


しかもバケット半分使って。

ホントはまるまる一本で作ってみたかったけど…昨日ついつい食べちゃったから…(笑)



大きな大きなサンドイッチをムシャムシャ食べて、美味しかったです☆

今日もバケット買っちゃおう!(笑)

2.06.2012

ガトーショコラ



ガトーショコラは、たまに食べたくなります。
しっかりとお砂糖なども入れているのですが、甘さがちょうど良いと言われます☆

バターやクリームがたっぷり入っているので、結構食べごたえがあります。

チョコレートは、甘めのミルクチョコレート(実は LOTTEのガーナチョコレート 笑)と、苦めのカカオ70%ってやつを半々くらいで使っています。
これが甘みが抑えられる原因じゃないかな〜?


表面がサクッとする感じが美味しい〜☆

出来たてだったら、中がフワッと温かい感じ
1日置いたものであれば、中がしっとり、しっかりしている感じ

どちらも美味しい〜!


今回は、自分用、そして練習用で(バレンタインらへんに大量に作って皆に配る予定〜☆)作ったんですが、



やっぱり自分で作るガトーショコラは良いですね〜♪

兄との関係も含め、ありがとう。


兄とのことは、ココに書こうか迷っていたんですが… 書きます。


兄とは、分かり合えない部分が多いです。
私は、幼い頃、お母さんに怒られている兄を見て泣くほど…兄を守ろうとしていたと記憶しています。
それがいつの間にか、そうじゃなくなりました。


気持ちが変化していった記憶は全く無くて、

兄との思い出は、激しく喧嘩をしていることばかり。
ほっぺを、 グリグリ と とげとげ したもので傷つけられたり。
決まって肩をパンチされたり。

そんなのだから、私も自分を守ろうと必死でした。
物で対抗(目覚まし時計を投げたり) 椅子を投げようとしたり…
あるいは、テキトーに流して彼のことを軽くあしらったり(結局暴力されるけど…)。

*
兄は、自分の思い通りにならないと気分を害し、私や親に怒鳴る様な行動に出るタイプだと感じています。
兄の態度は私が苦手とするタイプの典型で、私はそれを受け入れられません。

私のことを、心配?してくれているのかも知れませんが、私にとっては過干渉だったり…
否定してくることも数々… 

うーん、苦手… (´~`)
あまり関わりたくないなぁ… と思うタイプの人です。

彼も私のこと不明解だと思ってたんじゃないでしょうか。
お互い、理解できないタイプだと感じています。

*
幻聴を経験したこともあります。

数年前に香港に家族で行った時のこと、
この旅行で、私は兄と大喧嘩。
その時もだいぶ否定と取れる行動をされたような気がします。

自分はどうだったかな… 
旅行に飛ぶ前日は母と大喧嘩… など、かなり荒れていました。
けど大喧嘩してたせいもあって、何も干渉せずただついていくだけという感じでした。
自己はすべて消して、家族が動くように動き、その中で自分で楽しんで行こうと考えていたように思います。


私は船が苦手なので、家族が遊覧船で観光している間、ひとりで街を歩いていました。
その時はすべてに解放され、日本でもない場所で、ひとり歩いていることに感銘を受けました。
すべてがキラキラしていたのを覚えています。
前日からずっとマークしていたエッグタルト屋さんに向かってひたすら歩いたことも覚えています。

そして、初めてひとりで英語で 5エッグタルツ プリーズ! ってお店の人にいいました。
私は2個食べる計算(笑)


おみやげを買おうと、家族4人バラバラになって免税店内を歩いていました。
私は私でお化粧品を見ていると、
後ろから兄の声がします。

驚いて振り返るけど居ない。

ん? あれ? と思って、また売り場の商品を見ていると

また兄の声がする。

正直、驚きました。

幻聴ということ言葉が思い浮かばなかったけど、「私… そんなに追い詰められとったとかいな?」って。

*
そして、それから3年ほど経った、先の元旦に…
彼とは会いたいと感じられなかったけれど、実家に帰りました。
単に両親と、そして祖母に会いたかったから。

2〜3日我慢しようと決意して、
帰ってからも、普通に過ごし、そして正月を祝い、美味しい物を食べさせてもらいました。

けれども、私は明らかに兄の機嫌を伺っていました。
兄の機嫌が悪いとわかった所で、ゴキゲン取りをするわけじゃないけれど、彼から出ている苦手なタイプのエネルギーとか… 周りを巻き込もうとするエネルギーとか… そういったものがより敏感に感じられていました。

そして元旦の夜、両親と3人で銭湯に行った時のこと、

居ないはずの兄に「麻美!」と叫ばれ振り返りました。
当然いませんけど。

その時わかりました。
これ、幻聴なんだって。
だから、どうってこともなく、親に言う理由もなく、普通にお風呂を楽しみました。


なんとか、なんとか兄との空間に耐えれたかな?と思っていた矢先、
色々聞かれました。

卒業のこと
お母さんの還暦祝いの計画について
将来のこと

「卒業はできませんでした。」
「旅行などの計画はまだ立てれてません。」
「3月いっぱいで、今の研究員としての契約は切れて、収入はなくなります」

など事実だけ伝えたけど、何か色々聞いてきたから…
ついつい怒ってしまいました。


旅行は、どうせ兄妹喧嘩が始まるから、両親と祖母、そして私の4人でいこうと思ってることとか、
あまり干渉しないでくれとか、
兄のことが嫌いだということとか、
最低限の付き合いが出来ればいいこととか…


すべてをはっきりと言わせてもらいました。
私は、兄とは1年に1度、1日だけ会って、元気であることを確認すればいいと考えています。


父が怒ってましたが…(苦笑)

私としては、私と兄の社会的な関係性が 兄と妹 というだけでいいのです。
彼のこと、嫌いだと自分で認めたらとても楽になりました。
そして、素直に彼から身を引くことができたし、色々な面で彼の影を見なくなったと感じています。

今までは比べていたんですね。たぶん…




兄との関係性はまだまだ複雑ですし、きっと変わらないと感じています。
それでも、このような兄と関係できたことには感謝しています。

だって、家族じゃなきゃ彼みたいなタイプとは関係しなかったもん。


もうすぐ兄も所帯持ち!
家族が増えます☆

戸籍上は姉ができます。
そしてもしかしたら、姪っ子や甥っ子ができるかも。


その件については、兄とは全く別で、とても楽しみです!^^


結婚式は6月。

式は大阪にて。

太陽の塔を見るのが楽しみです。







素敵な事ふたつ。

hooray :))

これからの仕事を探している私ですが、
先日、履歴書を郵送した2つの会社からお返事が来ました。

一つは、面接をしてくださるというもの、
もう一つは、残念ながら今回は縁が無かったというものでした。

面接してもらえることが決まり、とても嬉しく思っています。

そして、面接がある場所は、愛知県☆
私愛知県には行ったことがなくて!
初 愛知〜!


あ、高校の修学旅行の時に名古屋駅前のひろばで待機したことはあるなぁ…(笑)

そのくらいなので、楽しみだな〜

*
昨日は可愛い女の子に出会いました。


ヨーガに行く時に出会った女の子で、
1歳くらい。

私は自転車をスタジオがある建物の入口に停めていて、
彼女はママと一緒に歩いていました。
ニコニコニコニコして、とっても楽しそう〜!

目があったので、ニコニコばいばいをしました。
やっぱり、バイバイやってしまう〜!

そしたら、最初は恥ずかしがっていたのか、躊躇ってたけど、
直ぐにばいばーいって返してくれました。

嬉しい気持ちでその場を去り、私は建物に入って直ぐにあるエレベーターに乗りました。
エレベーターに乗って、振り返り、入口の方を見ると、
女の子が私の方を見てじーっとしています。

私のことを見送ってくれたようで、
とても嬉しい〜

ばいばーい!って、エレベーターのドアが閉まるまで手を降って、
お別れしました(^^)


ありがとう〜☆ という気持ちでいっぱいになりました〜☆