There was an error in this gadget

2.06.2012

兄との関係も含め、ありがとう。


兄とのことは、ココに書こうか迷っていたんですが… 書きます。


兄とは、分かり合えない部分が多いです。
私は、幼い頃、お母さんに怒られている兄を見て泣くほど…兄を守ろうとしていたと記憶しています。
それがいつの間にか、そうじゃなくなりました。


気持ちが変化していった記憶は全く無くて、

兄との思い出は、激しく喧嘩をしていることばかり。
ほっぺを、 グリグリ と とげとげ したもので傷つけられたり。
決まって肩をパンチされたり。

そんなのだから、私も自分を守ろうと必死でした。
物で対抗(目覚まし時計を投げたり) 椅子を投げようとしたり…
あるいは、テキトーに流して彼のことを軽くあしらったり(結局暴力されるけど…)。

*
兄は、自分の思い通りにならないと気分を害し、私や親に怒鳴る様な行動に出るタイプだと感じています。
兄の態度は私が苦手とするタイプの典型で、私はそれを受け入れられません。

私のことを、心配?してくれているのかも知れませんが、私にとっては過干渉だったり…
否定してくることも数々… 

うーん、苦手… (´~`)
あまり関わりたくないなぁ… と思うタイプの人です。

彼も私のこと不明解だと思ってたんじゃないでしょうか。
お互い、理解できないタイプだと感じています。

*
幻聴を経験したこともあります。

数年前に香港に家族で行った時のこと、
この旅行で、私は兄と大喧嘩。
その時もだいぶ否定と取れる行動をされたような気がします。

自分はどうだったかな… 
旅行に飛ぶ前日は母と大喧嘩… など、かなり荒れていました。
けど大喧嘩してたせいもあって、何も干渉せずただついていくだけという感じでした。
自己はすべて消して、家族が動くように動き、その中で自分で楽しんで行こうと考えていたように思います。


私は船が苦手なので、家族が遊覧船で観光している間、ひとりで街を歩いていました。
その時はすべてに解放され、日本でもない場所で、ひとり歩いていることに感銘を受けました。
すべてがキラキラしていたのを覚えています。
前日からずっとマークしていたエッグタルト屋さんに向かってひたすら歩いたことも覚えています。

そして、初めてひとりで英語で 5エッグタルツ プリーズ! ってお店の人にいいました。
私は2個食べる計算(笑)


おみやげを買おうと、家族4人バラバラになって免税店内を歩いていました。
私は私でお化粧品を見ていると、
後ろから兄の声がします。

驚いて振り返るけど居ない。

ん? あれ? と思って、また売り場の商品を見ていると

また兄の声がする。

正直、驚きました。

幻聴ということ言葉が思い浮かばなかったけど、「私… そんなに追い詰められとったとかいな?」って。

*
そして、それから3年ほど経った、先の元旦に…
彼とは会いたいと感じられなかったけれど、実家に帰りました。
単に両親と、そして祖母に会いたかったから。

2〜3日我慢しようと決意して、
帰ってからも、普通に過ごし、そして正月を祝い、美味しい物を食べさせてもらいました。

けれども、私は明らかに兄の機嫌を伺っていました。
兄の機嫌が悪いとわかった所で、ゴキゲン取りをするわけじゃないけれど、彼から出ている苦手なタイプのエネルギーとか… 周りを巻き込もうとするエネルギーとか… そういったものがより敏感に感じられていました。

そして元旦の夜、両親と3人で銭湯に行った時のこと、

居ないはずの兄に「麻美!」と叫ばれ振り返りました。
当然いませんけど。

その時わかりました。
これ、幻聴なんだって。
だから、どうってこともなく、親に言う理由もなく、普通にお風呂を楽しみました。


なんとか、なんとか兄との空間に耐えれたかな?と思っていた矢先、
色々聞かれました。

卒業のこと
お母さんの還暦祝いの計画について
将来のこと

「卒業はできませんでした。」
「旅行などの計画はまだ立てれてません。」
「3月いっぱいで、今の研究員としての契約は切れて、収入はなくなります」

など事実だけ伝えたけど、何か色々聞いてきたから…
ついつい怒ってしまいました。


旅行は、どうせ兄妹喧嘩が始まるから、両親と祖母、そして私の4人でいこうと思ってることとか、
あまり干渉しないでくれとか、
兄のことが嫌いだということとか、
最低限の付き合いが出来ればいいこととか…


すべてをはっきりと言わせてもらいました。
私は、兄とは1年に1度、1日だけ会って、元気であることを確認すればいいと考えています。


父が怒ってましたが…(苦笑)

私としては、私と兄の社会的な関係性が 兄と妹 というだけでいいのです。
彼のこと、嫌いだと自分で認めたらとても楽になりました。
そして、素直に彼から身を引くことができたし、色々な面で彼の影を見なくなったと感じています。

今までは比べていたんですね。たぶん…




兄との関係性はまだまだ複雑ですし、きっと変わらないと感じています。
それでも、このような兄と関係できたことには感謝しています。

だって、家族じゃなきゃ彼みたいなタイプとは関係しなかったもん。


もうすぐ兄も所帯持ち!
家族が増えます☆

戸籍上は姉ができます。
そしてもしかしたら、姪っ子や甥っ子ができるかも。


その件については、兄とは全く別で、とても楽しみです!^^


結婚式は6月。

式は大阪にて。

太陽の塔を見るのが楽しみです。







No comments:

Post a Comment