There was an error in this gadget

3.14.2012

自分をわきまえて、宇宙を感じる。


昨日の体験は、絶対に忘れたくないと思いました。
起こったままに、感じたように書きます。

*
私には少し気になる人がいて、その人に会う機会を設けました。
彼はカフェをやっていて、そこに食べに行ってみたんです。


気分は少しドキドキルンルン (笑)
けれども、彼に対する自分の気持ちを見極めたい    と結構冷静。
学会の準備が終わってなくて 不安... 


... 器用だなぁ 笑


ところが、彼と話していて、4歳の娘がいることが判明したんです。
けれども結婚はしていないらしいのです。

ほどなくして、カフェにママと娘ちゃんがやってきました。
私は、世界中にはいろんな人間関係があるってことは... 頭では分かっているけれど...
彼らの関係性が非常に不思議で、良くわからなくて、なんだか混乱していました。

そしてたぶん、彼らのことを凝視してたと思います (癖で....  笑)。
「この二人、付き合ってんのか? そうは見えんぞ...」 とか...
「どういう... 経緯なんだろう... 」 ...

とか考えながらね (笑)




友達とカフェを後にしてしばらくは、

『気になる~~~~!!!』 っていう状態が続いていました。
『なんだか、残念... あ~せっかく良い人見つけたと思ったのになー』 という残念感がありました。

(彼と近づくのにトライしたい) っていう自分と (いやいや、踏み込めないじゃん?) っていう自分がが戦っていました。 笑


でも結局は、踏み込まない方を選びました。

しょんぼり。
けれども、ほんのすこーしの間だったけど、「恋愛」した感じが楽しくもあった。

恋愛出来るんだ~(輝) って思って。

それはまさに、  甘酸っぱいレモン味   って感じ。 笑


*
その夜遅く、今度はKピ姉と話をしていました。


私自身、恋愛を通して学ぶ機会が多かったように思います。
だから... というわけではありませんが、恋はこれからもしていきたい と思っています。

酸いも甘いも教えてくれる恋愛たちだったし... 

そんなことを話していたら、

『結局は必然だよね。 自分でその経験を引き寄せてるんだよねぇ って最近実感できるようになった。』

とKピ姉が言ったんです。



そう、結局のところ、全部選んでやっていました。
それが 「飛んで火にいる夏の虫」 となりうるような場合でも。

…と、そんなことを言った時、急に今まで色々なことを選んできた自分を思い出したような気持ちになりました。


そして、今回 「これは踏み込める感じじゃない。」 と判断した自分を思い起こして

あぁ、なんだかすごく冷静に選択ができたな~ って急に喜びが湧いてきました。

と同時に一つの確信が生まれました。



あぁこれが自分を弁えて、宇宙を感じるってことなんだ って。



1年前くらいに、 ありとあらゆる物事は中立的に起こる ということを教えてもらいました。
それを選択していく...
けれども、その時に重要なのが、 自分をわきまえる ということなんだって実感しました。

今回、
もしも、彼には「踏み込めない」とわかっていながらも、躍起になって彼に近づこうとすれば、
私ができる範囲外のことをやろうとしていますから、私はすごく苦しい思いをするんだろうな って気づいたんです。

そしてうまく行かない~... って嘆いて、 ずどーんっ て落ち込むんです。

恥ずかしながら、そんなことが今まで 何回も 何回も あったような気がしますが...(笑)
それは全部 宇宙のメッセージ を伝えようとしてくれてたんだナァ。 
そう... 思えました。


私は初めて、確信を以て 宇宙ダー って感じています。
今回、彼に出会えて昨日お店に行って、へんてこりんな状況に遭遇したことに深い愛情を感じます。


そしてそのことを感じたのは、ホントに一瞬の間にでしたが、
その一瞬を経たあとの身軽さといったら!

なんだかとっても重たいものを下ろしたようでした ☆




これは忘れたくない。
絶対に忘れたくない。
そう思いました。


ありがとう。

No comments:

Post a Comment