There was an error in this gadget

3.02.2012

無題



必然的に何か(仕事など)が決まったから移動するのではなく、

「とりあえず鹿児島を離れようかな」

では、受け入れてもらえないことがわかった。


けれども、どうすることもできず…
今は少しパニックになっているみたい。
「何も決まらないのに鹿児島に居ても…」 というのに 「そうだね〜」 と言われていたはずなのに、

いざ本気で帰ろうと思うことを告げたら、福岡に帰ってくる事自体良しとされなくて、混乱した。 


*****
親にタフだと言われることは、嬉しいことなのか…
自分としては、目の前でそれを言われるのは、少し切なかった。



周りに惑わされてばかりで、自分が居ない。
自分は何がしたいということがあっても、
一度も社会に出た経験がないことが、また、ネックになって…

お仕事の募集要項の「2年以上の社会人経験を要する」という言葉によって ポツン… となってしまう。

親には、「チャンスを掴んで頑張って」と言われて、またプレッシャーを感じてしまう。

そんな中、少しでいいから海外に行きたいっていう自分の希望が後ろめたいものになってしまう。

兄の様子を見て、また、落ち込んでしまう。

実家に帰って、何も言われなかったことが、爆弾に触れないようにしている人たちを見ているようで、また切なくなった。




そんな中、母だけが「どうしてアンタだけそうなの? アンタ働く事考えてなかったの?」と言った。
ぐうの音もでないし、それを見て少し救われた。



今日は久々に自分を悲観した。
それでいいことはひとつもないけれど、思ってしまうんだから仕方がない。

今はそれでいいとしよう。

4 comments:

  1. 飛び出して究極に自分を追い込んでみるのもいいんやないかなぁ~

    東京にきたら助けるばい☆

    ReplyDelete
    Replies
    1. >crue

      crueさん、ありがとうございます。
      このコメント見た時泣いてしまったよ〜。
      このコメント見た時に、人間は独りなんだから強く居なければと、一人で背負いすぎてしまった自分に気づいたよ。
      こんなふうに言ってくれる友だちが居るんだなって気づいたよ。

      また、会いに行くね。
      そして、飲みながらお話しよう。
      日本酒が飲みたいぞ。
      crueありがとう。

      Delete
  2. そうやね、美味いとこ連れていってあげるわ☆

    遠い空の下やけど、いつも応援しとるよ~

    Don't stop believing
    You can't stop believing

    また会うその時まで☆

    ReplyDelete
    Replies
    1. ありがとう。

      I never stop to believe my self.
      たまに忘れてしまうね。
      今回も忘れてたよ。

      ありがとう^^

      Delete