There was an error in this gadget

11.26.2010

「愛情」ってやつ

困ったから続きにした記事の 続き (笑)

*
こないだ、 リュック・ベッソンのLEON 観たの。
少し前に突然観たくなって、よく借りるレンタルショップでは取り扱ってなかったから(名作なのに〜)、TSUTAYA行ってさ、ようやく借りることが出来たんです。
すごく感動した~。
涙は止まらんし、昔よりもね、シーンごとに伝わってくるモノが違った。

結構残酷なシーンもあるし、昔は怖かったりもしたんだけど
27歳になって、10年以上振りに観た LEON はすごく感動した。

(´Д`)ハァ… 涙    (笑)
*
私、映画は比較的好きで、観たい!!! と感じた時レンタル屋さんに直行します(亥年なので)。

最近の話題の映画は ぐっ と来んから…
(いや、すごく気になるものも中にはありますが)
だから、DVDをレンタルして観るのがほとんどで、i Macを目の前にソファに座って、お菓子食べながら観るのが大好きなのだ。
や、実を言うと家でダラダラしながら観る映画が好きなわけで (笑)、

家だったら、たとえ寝ても… いいし、 カッコいい音楽がかかったら踊りながら観ても歌いながら観てもいいんだよ (笑)

ホントはWOWOWとかをずっと見ていたいんだけど…。

ホラー以外なら基本的になんでも好きなんやけど…
少し難しい話が好きな時もあれば、すごく悲しい話を観たいって時もあれば、すごくファンキーな映画で爆笑したいって時もあれば、今日は泣く!って時もあったりして…
その日の気分で、決めるのです。
その映画のジャケットの雰囲気を観て決めるときもしばしば。
その物の雰囲気は、あたしの判断基準に欠かせないものなので。

映画を観て、そのストーリーを、ファッションを、インテリアを、街並みを、言葉とか… 空気とか… そして音楽とか…すべてを楽しんでるつもり。

そんなもんだから映画って私に色々影響します (笑)
映画から色々学んだりもします。

*
それでね、 LEON を観て案の定号泣したわけです。

その後に、最近自分の耳によく入ってくるし、きっと知らないうちにテーマになってる「愛情」ってもんを何となく考えた……というよりも、そのことが頭の中に舞い込んできたの。
どういうもんなのか。
形は分からないけど…(やっぱりハート? 笑) 言葉にもできないけど… 何となく感じとったわけです。

私の中で 「愛情」 って、男女間(つまり恋愛関係にある人間の間)のもの っていうイメージが強くって、それがなかなか払拭されなかったもんでイメージ湧かなかったんです。

人が 「常に 愛情 に包まれている」 ってことや、 「 愛情 に溢れてる 」 ってこと。
どういうことだろう…。
でも、自分自身を大切にするようになって、少しずつ見え始めた。

愛情って、人の根底に流れているものなんかな って感じたんです。
愛情がなければ、きっと人は生きれないんじゃないかな…ってすら。
この愛情ってのは、無償の愛情です。たぶん。
見返りを求めないものです。たぶん。

実は、今思うと見返りを求めていたからかな? 昔、家族と良い関係になくって。
でも、今は、天敵だと思ってた母親ともすごくうまく行ってると思うし、父親の愛情に自然に応えれてると思う。兄にも少しは…出来てるだろう(笑)
これってたぶん、愛情。

そして、愛情を感じることは 生きる希望 を見出すことなんじゃないかなって感じた。
「生きる希望」は大げさな言葉かもしれないけど、少なくとも自分の支えとなるもの? そんなイメージです。

レオンがマチルダに 「君は生きる希望をくれた。」 って言っててさ。
それで、なんで人は人に愛されたいのか愛したいのか、恋愛したいのか っていうのにうっすら気付いたんです。

ほら、恋愛してても、相手からの愛情を感じなければ、自分の基盤が緩んで今にも崩れそうになるものでしょう?
5年前くらいに、あるヒトの浮気相手になってたとき (大暴露 笑)、どうしてあんなに不安定な気持ちになったのかがようやく分かった気がしたんです。
自分というものの存在価値が全く分かんなくなっちゃって、
自信もなかったし、自棄になってたかな。
自分を大切にすることはできてなかったな。
なのに、相手に見返りを求めていたし。

私は今まで付き合った人に対して、愛情を任せていたようにも感じます。

自分の愛情を自分自身で感じれなかった当時の私が、他人の愛情を感じたり、愛情を与えたり なんてできんかったろうな。 今はそう思います。


しかし、これはあくまで私の場合 (注)
誰かと恋に落ちて愛情を感じたり、学んだりする前に、自分自身で片づけないといけない問題が私にはある気がするので、こういう形で愛情について学んでるんかな。
だから恋愛を休業したことは、とってもいい選択だったと今も思います。
再び開業する日は、予告なく自然にやってくる気もするし。 

ヤッホー♪ って(笑)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ざっくりやな (笑) というより雑?(笑)
気づいたらすごく抽象的な文章になってた(汗)
話がすごく…まとまってなくて… ごめんなさい~

ただ、今おもってんのは
愛情って、家族とか、友達とか、恋人とか、限られた関係の中で発生するって思ってたけど、
そうじゃないって感じるのは確かで、日常で十分感じられることなんだって思った。

だから、愛情って人の根底に流れ行くものなんだと思ったの。

それでね、今現在私は、他人から発される愛情、自分が発する愛情、少しずつ感じとることが出来ている気がしてるの。
自分なりに。今までで一番良い感じに。

Above the clouds, the sun is always shining. 

ずっと好きな言葉、好きで良かった~
この言葉みたいに、ようやく、晴れ間が差してきた気がするの!


【しかし、まとまんないな。 まだまだ続く (笑)】

1 comment:

  1. 良い方向に感じられていると思います。これからどんどん自分自身に自身がついてくると思います。初めは何となくで良いと感じてます。準備ができたら、自然に確信に変わっていくでしょう。一番大切なのは、どんな時も、どんな状態でも「自分らしくいること」だと感じてます。

    楽しんでください!

    ReplyDelete